室内犬と暮らす家

住宅内で犬を飼っている家庭も多いです。犬と言えども家族の一員として大切にされている家庭がほとんどです。そこで犬にとっても人にとっても暮らしやすい家にしておくことを忘れてはいけません。

まずは玄関部分です。玄関横のシューズクローク部分には、リードやお散歩バックなどを掛けられる収納スペースを設けておきます。横には上着などが掛けられるようにコートクロークを設けておくと、お散歩時はサッと上着を着てバックやリードを持ってスムーズに散歩に行くことができるのです。

シューズクローク内には犬が外を眺められるように小窓を設けておきます。これがあることで飼い主の帰りを察知した愛犬がここからお出迎えをしてくれるのです。玄関外には、足洗い場を設けておき、散歩から帰宅したらここで足を洗えるようにしておくと便利です。

また、人にも自分の居場所があるように、ペットにもペットの居場所を設けてあげましょう。リビングの一角に設けておけば食事をしている時や来客時でも犬に寂しい思いをさせることもありません。ゲートを設けておき、手軽に仕切れるようにしておき、犬が苦手なお客様が来ても対応できるようにしておくのです。トイレスペースの床には防水加工のものを使用しておきます。ペットスペースの上部には収納スペースを確保し、エサなどペット関連用品をきちんと整理できるようにしておくのです。壁や床はキズがつきにくい素材を使用したり、臭い対策として換気扇やナノイー発生機を設けておくのもいいでしょう。人もペットも暮らしやすい家を目指しましょう。

This entry was posted on 土曜日, 5月 19th, 2018 at 6:14 AM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.