夏は涼しく冬暖かい家

家造りを行うほとんどの人が住宅に求めることが「夏は涼しく、冬暖かい家」ということではないでしょうか。我が家が新築住宅を購入する時、まず求めたことがまさにこれです。冷暖房に頼ることなくエコな暮らしを送りたいと思っていました。それは前住んでいた住宅が、夏は暑く冬は寒いという真逆の住宅だったからです。

この希望を実現させるためには、建物の断熱性が重要なのだとばかり思っていました。使用する断熱材やその断熱材に合った断熱工法を取り入れることが最大のポイントと思っていたのです。もちろん建物自体の断熱性は非常に重要なのですが、熱の出入り口となる窓の断熱性も非常に重要であることを知りました。

冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、そして窓は58%です。夏の冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓は73%なのです。この数字を見ても窓の断熱性が非常に重要であることが理解できると思います。そこで我が家が取り入れたのは、遮熱高断熱Low-E複層ガラスです。

これは2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたものです。この特殊金属膜は太陽光線の中で、可視光線を最大限に透過させ、赤外線・紫外線を大幅にカットしてくれるのです。省エネ性が期待できます。夏は太陽の熱を大きく反射するので、冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し、室内の暖かさを室外に逃しにくくするので、断熱効果の向上にも役立つのです。住まいの快適性を得られるのと同時に、光熱費の削減にも繋がるのです。窓に注目して家造りをしてみて下さい。

This entry was posted on 土曜日, 8月 13th, 2016 at 3:20 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.