住宅を建てる

住宅を建てることを考えているときは、見に行くことが一番いいといえます。

見に行くところにもいろいろなところがあるのですが、中でも完成見学会にいってみるといいと思います。

完成見学会というのは実際に住宅会社で建ててもらった住宅を引き渡し前などに見せてもらえるものです。

建てた住宅会社が依頼主にお願いして、完成見学会をすることを許可してもらうことで一般の人でも中にはいって見ることができるのです。

ただし、見るときには、スタッフがいるのでスタッフの指示に従って見るようにしてください。

完成見学会の後は、実際に住む人がいるので失礼のないようにしたほうがいいでしょう。

実際に住むために建てられた住宅なのでとても参考になると思います。

他に見るところとしてモデルハウスがあります。

モデルハウスはハウスメーカーが建てている展示用の住宅になります。

展示用の住宅のため、一般の住宅よりもグレードが高いのが難点といえば難点です。

なぜなら通常では購入しにくい値段のためです。

手が届きにくいものを見ていると、手に入れたくなってくることもあると思います。それだけ立派な住宅になっています。

オプション品も多く使われているので、同じハウスメーカーで建ててもらった場合に思ったよりも・・・ということにならないために、参考にするぐらいにしておきましょう。

大分に注文住宅を購入した知人も、こういった見学を何度かしてから

住宅会社を決めたみたいです。

This entry was posted on 木曜日, 10月 13th, 2011 at 12:14 PM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.